厚生労働省認定先進医療実施施設

お知らせ

日本眼科手術学会

本日より、東京国際フォーラムで行われています。「低侵襲緑内障手術(MIGS)の効果と適応 」というシンポジウムで「スーチャートラベクロトミー(眼内法)の適応と効果 」という演題で講演しました。

緑内障手術はここ数年でめざましい進歩しています。いろいろな手術ができるようになってきており、患者さんも病状により選べる手術の選択肢が増えてきました。

しかし、日本における失明原因のトップはいまだに緑内障です。近い将来、日本でもiStent infectという新しい低侵襲緑内障手術ができるようになるようですので、当院でも導入予定です。

有用な新しい治療は積極的に取り入れ、患者さんの目に応じて、より細かな治療をできるように心がけていきたいと思います。

iStent injectという新しい緑内障治療