厚生労働省認定先進医療実施施設

文字サイズ

医療機関の方へ

病気と治療

流涙

涙の病気

流涙涙がでて目のふちがただれてくる、というのはよく聞かれる訴えです。
原因には、涙が流れていく道(涙管)が詰まっていたり、白目がたるんでいたり、まぶたが下がってきたり、結膜炎だったり、さまざまな原因があります。結膜炎等が原因の時は、目薬の治療で涙は止まります。しかし、目薬で治らないものに対しては手術を検討します。

涙に対して手術までは‥とお考えの方がほとんどだと思いますが、手術をしてもいいから涙を治したいという方には良い治療法だと思います。

涙の流れていく道が詰まっているもの(涙管)に対して、従来はブジーといって細い針金のようなものを涙管に入れていって、詰まっているところに穴を開けるとう治療を行っていました。

これは手の感覚に頼って手術を行っていたので、熟練者でも本来の涙管でないところに穴を開けるといったことが起こり、手術しても治らない、という成功率の原因となっていました。

流涙治療しかし、近年になり涙道内視鏡といって0.9mmの内視鏡が開発されました。それを涙管に入れていき、閉塞部を目で確認してから、詰まっている部分を通すことが出来ます。 これにより、より確実により短時間(20分程度)で手術が可能となり、術後の成績が向上しました。通した後は再閉塞しないように特殊なチューブを涙管に入れておきます。鼻がむずむずすることがありますがほとんど感じない方がほとんどです。2ヶ月ほどで抜きますが、引っ張れば抜けるので痛くはありません。

ただ、閉塞部位によって治り方が異なります。例えば、涙点狭窄と言って入り口が細くなっているものや内総涙点という閉塞に対しては9割近い成功率がありますが、鼻涙管といって奥の方の閉塞に対しては成功率が下がります。

鼻の手術の合併症で涙道が閉塞している場合や、涙嚢炎と言って膿がたまっているもの、閉塞が数年に及ぶという古い閉塞に対しては成功率が50%まで下がってきます。そういう難治例に対しては涙嚢鼻腔吻合術DCRが良いでしょう。
DCRは鼻の骨に小さな穴を開けて鼻に涙が抜ける道を作ります。当院では胃や腸などの内視鏡検査の時に使用する鎮静剤を使用する(眠った状態で手術ができます)ので、痛みなどはほとんど感じません。

手術

涙がでるという方はたくさんいらっしゃいます。時々涙が出る程度であれば問題ありませんが、しょっちゅう涙が出てハンカチが手放せない方や、接客業などで涙目になって支障を来す方、目の周りがただれてくる方など症状は様々です。
涙の通り道が詰まる、細くなるなどして流涙の原因となっている場合は涙道内視鏡手術が第一選択治療と考えます。

涙道内視鏡を使用した涙管チューブ留置術 (DSI)

通常は内視鏡は用いずに、点眼麻酔と涙道内麻酔で特殊なチューブを涙管に入れていき、詰まっている部分を通して、チューブを涙管に入れることが出来ます。しかし、難治例では内視鏡で確認して詰まったところを通します。確実に治療するとはいっても、結局のところ詰まりがひどいときは通らないこともありますし、麻酔をしていても痛みが出ることもあります。

内視鏡手術にも限界があり、詰まりがなかなか取れないときや痛みを来すときは手術を中断します。無理に治療しても再発する可能性が高いからです。そういう症例は涙が出始めてから数年と時間が経っている場合や、涙嚢炎といって炎症を繰り返している場合が多く、骨を削る手術(DCR)の方が確実に治ります。

涙嚢鼻腔吻合術(DCR)

鼻の付け根のところを数cm切開して鼻の付け根の骨を削って涙嚢を出します。涙嚢を切って窓を作り、鼻の中にバイパスを作ります。

DSIでは治らない難治の疾患も治療可能で95%治すことが可能です。当院では胃や腸などの内視鏡検査の時に使用する鎮静剤を使用する(眠った状態で手術ができます)ので、痛みなどはほとんど感じません。 涙は放置しても失明するわけではないので、上記のことをよく理解して頂いた上で手術を受けるかどうかご検討下さい。

手術までのスケジュール

手術申し込み
全例日帰り手術です。通常は2,3ヶ月待ちくらいです。術前検査はとくにはありません。
術前説明
基本的にご本人とご家族の方に手術の内容とその後の経過などをご説明し、手術をするかどうか決定します。
手術当日・手術後
DSIは片眼20分ほどで、DCRは1時間ほどで終了します。眼帯をして帰宅しますのでご自分で運転してくるのは控えて下さい。眼帯は当日夜には外すことが出来ます。
手術後2,3日は涙道洗浄を行います。数日で涙は止まりますので後は1,2週間後、1ヶ月後、2ヶ月くらいして涙道に入れているチューブを抜きます。チューブを抜くのはチューブを引っ張るだけなので痛くありません。

合併症について

手術前、痛くないように目の内側に注射をします。その時に皮膚の下に出血して目の周りが黒くなってしまうことがあります。「あおたん」みたいになり1,2週間目の周りが黒くなってしまいます。
残念ながらこれは一定の確率(数%)で起きますので防ぎようがありません。DCRは鼻の付け根を数cm切開しますが、数ヶ月するとほとんど分からなくなります。

赤ちゃんの涙目

先天性鼻涙管閉塞

先天性鼻涙管閉塞とは、生まれてから片目だけ涙が貯まる、メヤニが出る、などの症状が出ます。抗生物質などの目薬をすると一時的にメヤニは治ったりするのですが、止めるとまたメヤニが出ます。2,3ヶ月して治らずに、産婦人科、小児科から紹介となるケースも多いです。

本来、涙は目の涙腺というところから分泌され、上下を通って鼻涙管から鼻へと流れていくのですが、鼻涙管がつまったままの状態だと、涙が流れていかず眼に貯まってしまうのです。

そこにバイ菌が感染して炎症を起こす(新生児涙嚢炎)と、涙も貯まってメヤニも出るようになります。

治療

治療法の考え方はさまざまです。

何もしないで自然に詰まっているところが通るようになるまで待つ
1才までにはほとんど治ってしまうという報告が多いです。2,3才になっても治らねば、全身麻酔下で治療(涙道内視鏡治療など)を行う。待っても治らないこともあり、それまで涙目とメヤニが続きます。
涙嚢マッサージで様子を見る
これは適切に行えば効果的ですが、やり方を誤ると涙嚢が破れてしまって周りの組織に細菌が感染して炎症が広がってしまう(蜂窩織炎)ことがあります。 あまり強くしすぎないことが大切です。
しばらく待って治らねば針金で詰まっているところを通す(ブジー)
この時期についてもさまざまな考え方があり、首が据わってしまうと動いてやりにくくなるので1,2ヶ月でやる、涙道がある程度大きくなって首が据わった頃3,4ヶ月でやる、6ヶ月から1才まで待ってやる、2,3才まで待って全身麻酔下で涙道内視鏡下でやる、など考え方は様々です。

当院では3ヶ月ほど待って治らない場合はブジーを検討しておりましたが、平成23年専門家の勉強会では最近は自然に治るのを待つ、という方針を推進していました。

1才までに大多数が治る可能性があること、ブジーにてうまくいかない場合、逆に自然開通しにくくなる、という理由です。そうはいってもメヤニや涙が続いている我が子をじっくり待つというのも辛いところだと思います。どうしても早く治したい、不安で仕方ないとお考えのお母さんもいらっしゃると思いますので、合併症のことも考慮して医師とよく話し合い治療方針を決定することが重要です。

現時点では、先天性鼻涙管閉塞(赤ちゃんの涙目)の標準的治療方針というのは意見が分かれるところで、医師の考え方で方針が異なるのが現状です。

ブジーについて

赤ちゃんの涙目乳幼児の場合は涙道内視鏡が入らないため、手の感覚のみで行わなければならず、基本的には1回の治療で済ませたい治療です。何回もやってしまうと本来の涙道とは誤った「道」を作ってしまい、本来の涙道と区別が付かなくなるからです。

ブジーの時は赤ちゃんを押さえてからやりますので当然泣きます。
当院では、治療には保護者の方に同席して頂きます。実際に、鼻涙管が詰まってその袋(涙嚢)に膿がたまっていることを確認してもらい、実際に治療して詰まっていたところが通るようになるのも確認してもらいます。

治療現場を公開することには賛否両論あると思いますが、下記のように、治療自体は1分ほどですが、動く赤ちゃんを押さえて、タイミングよく治療を行う必要があるので時間がかかります。
泣いている時間が長いため、実際に同席して頂くことでお母さんの心配を少しでも減らせるのではないかとの考えからそのようにしております。

合併症について

繰り返しますが、動いている赤ちゃんを押さえて治療をしますので時間を要します。1回のみの治療で終わらせたいのでタイミングを計る必要があります。治療がうまくいった場合は、再発することはまずありません。

まず一番起こりやすい合併症は、通常の鼻涙管と違うところにブジーが入っていってしまうことです。赤ちゃんの涙管は非常に弱いので簡単に破れてしまいます。ですが、手のわずかな感覚を頼りに慎重にたどっていけば、比較的閉塞部まで問題なく辿り着くことが多いです。

通常と違う抵抗を感じたり、閉塞部の場所に確信が持てない場合は手術を中断し、時間をおいて後日改めて行うこととします。無理をしてしまうと、うまくいかなかった場合に治療が難しくなってしまうからです。

まれな合併症として非常に重要なものは、治療により細菌が全身に回って敗血症という病気です。術後に発熱したりしたときはすぐに抗生剤の点滴等の治療を適切に行う必要があります。治療が遅れた場合、最悪の場合には死亡してしまうことさえあります。

本来は小児科がある総合病院での治療が適切と考え、一時は総合病院に全て紹介しておりましたが、当院での治療をご希望される方が多いため、H22年より再開致しました。

当院では、術直前からの抗生剤の内服、術前オゾン水、抗生剤による涙嚢洗浄、術後抗生剤洗浄、帰宅後の抗生剤の頻回点眼、内服を行い感染予防に努めております。また、それでも発熱等の症状が現れた場合は、夜間でも小児科に診察を依頼します。不安な場合は、総合病院での治療をお薦めします。

手術をお考えの方へ

先天性鼻涙管閉塞は上記のようにさまざまな考え方があります。一番問題なのは、ごくまれな合併症である敗血症です。これに関しては眼科医の中でも広く知られているものではなく、敗血症の危険性の説明を受けずにブジーを行われることもあるようです。

しかし、涙道専門家との勉強会ではこの敗血症の話を時々耳にしますので、当院では上記の方針としております。上記のように一時は総合病院に全て紹介しておりましたが、当院での治療をご希望される方が多く、平成22年より再開しております。よく相談の上、治療するか否かを決定されることをお薦めします。

治療スケジュール

手術申し込み
保護者の方に来て頂いて説明し、ご希望の際は手術を申し込みます。
手術当日

昼過ぎに行いますので、抗生剤を内服して受診して頂きます。
看看護師数人で赤ちゃんが動かないように固定し、保護者同席の上治療を行います。動かない赤ちゃんの場合は数分で終了しますが、激しく動いてしまう赤ちゃんの場合はタイミングを計りながら治療しますので全課程で30分ほどかかる場合もあります
治療後は点眼薬を1時間毎にしてもらい、内服薬も飲んでもらいます。

※もし、帰宅後に発熱等の症状が現れた場合は院長直通の携帯番号をお渡ししますのでいつでもご連絡下さい。総合病院小児科へ連絡し診察を依頼します。

翌日
何もなければ次の日には涙目や目脂は治っています。点眼は1週間継続して頂き、1週間後に再発がなければ診察終了です。