厚生労働省認定先進医療実施施設

文字サイズ

医療機関の方へ

病気と治療

多焦点眼内レンズ

多焦点眼内レンズについて

白内障手術後は、取り出した水晶体の代わりに人工レンズを挿入します。人工レンズには、ピントが一箇所に合う単焦点眼内レンズとピントが2箇所以上に合う多焦点眼内レンズがあります。

多焦点眼内レンズは、ピントが2箇所以上合うためメガネなしでより快適な生活ができるように開発されたもので、2007年に厚生労働省の承認を得、現在はさまざまな多焦点眼内レンズが登場してきました。

いくつかの多焦点眼内レンズを用いた白内障手術は、先進医療に指定されており、当院は厚生労働省より先進医療実施施設に認定されているため、先進医療保険を用いて手術を行うことができます。

多焦点眼内レンズは、遠方と近方などの広範囲にピントが合う反面、単焦点眼内レンズに比べるとピントが甘い、夜間に車の対向車などのライトがにじんで見えたりする(グレアハロー)などの欠点が残されています。しかし、最近ではこれらの欠点を補うような(拡張)多焦点眼内レンズが登場してきました。

グレア・ハローがない夜間の運転のイメージ

グレア・ハローがある夜間の運転のイメージ

多焦点眼内レンズの種類とその特徴

現在、当院で使用している多焦点眼内レンズは下記です。

レンズ
名前 テクニスマルチ レストア アイシー レンティス ファインビジョン シンフォニー ミニウェル
光学部 回折 アポタイズ回折 屈折 分節状屈折 回折 エシェレット回折 プログレッシブ
乱視対応 × × × ×
ピント 遠・近 遠・近 遠・中 遠・近 遠・中・近 遠・中(連続) 遠・中(連続)
グレア・ハロー あり あり あり あり あり 少ない ほぼない
読書・スマホ
パソコン
ゴルフ
先進医療 × × ×
テクニスマルチ

光学部回折
乱視対応×
ピント遠・近
グレア・ハローあり
読書・スマホ
パソコン
ゴルフ
先進医療
レストア

光学部アポタイズ回折
乱視対応
ピント遠・近
グレア・ハローあり
読書・スマホ
パソコン
ゴルフ
先進医療
アイシー

光学部屈折
乱視対応×
ピント遠・中
グレア・ハローあり
読書・スマホ
パソコン
ゴルフ
先進医療
レンティス

光学部分節状屈折
乱視対応
ピント遠・近
グレア・ハローあり
読書・スマホ
パソコン
ゴルフ
先進医療×
ファインビジョン

光学部回折
乱視対応
ピント遠・中・近
グレア・ハローあり
読書・スマホ
パソコン
ゴルフ
先進医療×
シンフォニー

光学部エシェレット回折
乱視対応×
ピント遠・中(連続)
グレア・ハロー少ない
読書・スマホ
パソコン
ゴルフ
先進医療

テクニスマルチ

回折型多焦点眼内レンズで、遠くと手元の2箇所にピントが合います。光量のロスは20%で、光量配分は遠方40%と手元40%です。瞳孔の大きさの影響を受けませんので、夜間でも手元が比較的見やすいです。また、手元のピントの距離が33cm, 42cm, 50cmの3つから選ぶことができます。左右に入れるレンズの手元のピントを少しずらすことで、手元をより広範囲に見ることができるので、近方を重視した方には良いレンズです。夜間にはグレアハローがあります。 現在のところ乱視用レンズはありませんので、強い乱視がある場合は眼鏡が必要です。

33cm (+4.0D) 42cm (+3.25D) 50cm (+2.75D)

※画像クリックで詳細ページが開きます。

レストア(トーリック)

アポタイズ回折型多焦点眼内レンズで、遠くと手元の2箇所にピントが合います。瞳孔の影響を受けるので夜間は、遠方は見やすいですが、手元が見えづらくなります。夜間のグレアハローはありますが、回折型に比べればやや少なめです。
先進医療保険が使用できる多焦点眼内レンズの中では、唯一乱視がある方に使用できるレンズです。

アイシー

屈折型多焦点眼内レンズで、遠くから中間距離が見えますが、手元は見えづらいです。
光学系6mmのうち手元部分は14.5%しかありません。単焦点眼内レンズよりは良好な中間・手元の視力はあるものの、夜間のグレアハローもあるため、夜間の運転や仕事が多い方には適さないです。

レンティスMプラス

分節型多焦点眼内レンズで、遠方と手元の2箇所にピントが合います。構造が単純なため光量のロスが5%と少なく、眼内での散乱やワキシ−ビジョンが生じにくい。光量配分は、遠方が55%で近方が40%です。前房深度を考慮したHaigis式を使って通常の50倍の精度でレンズをオーダーメイドで作るため矯正精度が高く、眼軸長が26mm以上の強度近視の方にはお勧めすることがあります。しかし、レンズの中心が瞳孔領の真ん中に来る必要があります。

ファインビジョン

回折型多焦点眼内レンズで、遠方・中間・手前の3箇所にピントが合います。光量のロスは14%で、光量配分は、遠方40%、中間15%、手元30%で、遠方から手元までよく見えるレンズです。乱視がある眼軸が26mm以上の強度近視の眼においては適応するレンズパワーが少なく屈折誤差の危険性が多少ありますが、瞳孔径にも影響を受けにくく満足度の高いレンズです。多少、夜間の運転時にグレアハローが出ることがあります。

シンフォニー

独自のエシェレット回折型拡張多焦点眼内レンズで、手元のピントが合いにくいものの、遠方から中間まで落ち込みなく広い範囲が自然に見えます。コントラスト感度の定価も少なく、夜間運転時のグレアハローも極力抑えられています。

ミニウェル

世界で最初に開発されたプログレッシブ眼内レンズで、球面収差を利用して遠方・中間・近方でスムーズな見え方を実現しており、上記の屈折型や回折型多焦点眼内レンズに比べ、高い質の見え方が得られます。夜間の運転時のグレアハローがほぼないため、夜間運転が必要な方や暗いところでの作業が多い方には良いと思います。しかし、パソコンなどの50cm以上離れているところは見えますが、読書などの手元にはピントが合いにくいという欠点もあります。

ミニウェル挿入後、1週間の夜間の見え方のイメージ

眼内レンズによる見え方の違い

単焦点眼内レンズとシンフォニーとの見え方の比較

瞳孔3mmの時の見え方比較

シンフォニー
ファインビジョン
ミニウェル

シンフォニーは遠方から中間がよく見えますが、手元は見えづらいです。
ファインビジョンとミニウェルはともに遠方から近方まで見えていますが、近方はファインビジョンの方が見ます。夜間運転時のグレアハローはファインビジョンの方がやや多いです。

多焦点眼内レンズを用いた白内障手術を受けられるみなさまへ

多焦点眼内レンズは近年めざましい進歩を遂げており、先進医療保険で使える眼内レンズも増えてきており、自費診療にはなりますが、より広範囲にピントが合う多焦点眼内レンズや夜間のグレアハローが抑えられた拡張多焦点眼内レンズも登場してきました。眼鏡使用頻度を少なくして、より快適に生活を送られるようになりました。

しかしながら、上記のように夜間運転時のグレアハローや見える範囲、像のクリアさなどの問題点が残されており、20歳代の目に戻るわけではありません。

手術前にご自分のライフスタイルや希望する見え方を医師にお伝え頂き、よく話し合って眼内レンズの種類を選択されるのが良いでしょう。

費用

先進医療に指定された焦点眼内レンズを用いレーザー白内障手術を行う場合

下記の多焦点眼内レンズを用いたレーザー白内障手術は、先進医療保険で受けることができます。先進医療保険に加入していなければ手術代は自費となりますが、手術前後の検査・投薬は通常の保険診療が使えます。
詳細は加入されている保険会社にお問い合わせ下さい。

使用するレンズ片眼両眼
テクニスマルチ+3.25D
シンフォニー
iSii
レストア
レストア乱視用
(全て2重焦点)
65万130万

自費診療で多焦点眼内レンズやレーザーを用いて白内障手術を行う場合

自費で手術を行う場合は、その他全ての多焦点眼内レンズを使ったレーザー白内障手術を受けることができます。 料金には、術前検査から術後3か月までにかかる全ての検査料、手術代、薬代、術後診察代が含まれます。

※但し、手術とは無関係の疾患の診療に関しては、通常の保険診療です。

使用するレンズ片眼・両眼(税別)レーザーを使用の場合
片眼・両眼(税別)
ファインビジョン(3重焦点)
Mini Well(累進焦点)
レンティス(2重焦点)
50万・100万60万・120万
ファインビジョン乱視用(3重焦点)
Mini Well(累進焦点)
レンティス乱視用(2重焦点)
55万・110万65万・130万