厚生労働省認定先進医療実施施設

文字サイズ

医療機関の方へ

病気と治療

多焦点眼内レンズ

多焦点眼内レンズについて

白内障手術後は、取り出した水晶体の代わりに人工レンズを挿入します。人工レンズには、ピントが一箇所に合う単焦点眼内レンズとピントが2箇所以上に合う多焦点眼内レンズがあります。

多焦点眼内レンズは、ピントが2箇所以上合うためメガネなしでより快適な生活ができるように開発されたもので、2007年に厚生労働省の承認を得、現在はさまざまな多焦点眼内レンズが登場してきました。

いくつかの多焦点眼内レンズを用いた白内障手術は、先進医療に指定されており、当院は厚生労働省より先進医療実施施設に認定されているため、先進医療保険を用いて手術を行うことができます。

多焦点眼内レンズは、遠方と近方などの広範囲にピントが合う反面、単焦点眼内レンズに比べるとピントが甘い、夜間に車の対向車などのライトがにじんで見えたりする(グレアハロー)などの欠点が残されています。しかし、最近ではこれらの欠点を補うような(拡張)多焦点眼内レンズが登場してきました。

グレア・ハローがない夜間の運転のイメージ

グレア・ハローがある夜間の運転のイメージ

多焦点眼内レンズの種類とその特徴

現在、当院で使用している多焦点眼内レンズは下記です。

レンズ
名前 テクニスマルチ レストア アクティブフォーカス トリノバ シンフォニー ミニウェル
光学部 回折 アポタイズ回折 アポタイズ回折 回折(EDOF※) エシェレット回折 プログレッシブ
乱視対応 × × ×
ピント 遠・近 遠・近 遠・中 遠・近 遠・中・近 遠・中(連続)
グレア・ハロー あり あり 少ない あり 少ない ほぼない
読書・スマホ
パソコン
ゴルフ
夜の運転
先進医療 × × ×

※ EDOF (Enhanced Depth of Focus:拡張多焦点)

現時点では、遠くから近くまで全ての距離をはっきりと見ることができる眼内レンズはありません。当院では、患者様お一人お一人の生活スタイル(仕事や趣味など)に合わせて、左右の目に特徴の異なる眼内レンズを使うことで、両眼で遠くから近くまで快適にみえるようにするミックス&マッチ法を用いています。

テクニスマルチ

光学部回折
乱視対応×
ピント遠・近
グレア・ハローあり
読書・スマホ
パソコン
ゴルフ
夜の運転
先進医療
レストア

光学部アポタイズ回折
乱視対応
ピント遠・近
グレア・ハローあり
読書・スマホ
パソコン
ゴルフ
夜の運転
先進医療
アクティブフォーカス

光学部アポタイズ回折
乱視対応
ピント遠・中
グレア・ハロー少ない
読書・スマホ
パソコン
ゴルフ
夜の運転
先進医療
トリノバ

光学部回折(EDOF※)
乱視対応
ピント遠・近
グレア・ハローあり
読書・スマホ
パソコン
ゴルフ
夜の運転
先進医療×
シンフォニー

光学部エシェレット回折
乱視対応×
ピント遠・中・近
グレア・ハロー少ない
読書・スマホ
パソコン
ゴルフ
夜の運転
先進医療×
ミニウェル

光学部プログレッシブ
乱視対応×
ピント遠・中(連続)
グレア・ハローほぼない
読書・スマホ
パソコン
ゴルフ
夜の運転
先進医療×

テクニスマルチ

回折型多焦点眼内レンズで、遠くと手元の2箇所にピントが合います。光量のロスは20%で、光量配分は遠方40%と手元40%です。瞳孔の大きさの影響を受けませんので、夜間でも手元が比較的見やすいです。

また、手元のピントの距離が33cm, 42cm, 50cmの3つありますので、左右に入れるレンズの手元のピントを少しずらすことで(ミックス&マッチ法)、手元をより広範囲に見ることができるので、近方を重視した方には良いレンズです。

夜間にはグレア・ハローがあります。また、現在のところ乱視用レンズはありませんので、強い乱視がある場合は眼鏡をかけるか、手術後にレーザー(タッチアップレーシック→リンク)で乱視を治す必要があります。

Visual Performance After Contralateral Implantation of Multifocal Intraocular Lenses With +3.0
and +4.0 Diopter Additions. Asia Pac J Ophthalmol 2015;4: 329Y333 より引用

33cm (+4.0D) 42cm (+3.25D) 50cm (+2.75D)

※画像クリックで詳細ページが開きます。

レストア・アクティブフォーカス(トーリック)

アポタイズ回折型多焦点眼内レンズで、遠くと手元の2箇所にピントが合い、レストアは40cmくらいに、アクティブフォーカスは50cmくらいにピントが合います。瞳孔の影響を受けるので夜間は、遠方は見やすいですが、手元が見えづらくなります。 アクティブフォーカスは遠方の見え方が良く、夜間のグレア・ハローが少ないという長所がありますが、近方の見え方がやや劣ります。

レストアはアクティブフォーカスに比べると遠方の見え方がやや劣りますが、近方が見やすいです。共に乱視用レンズがありますので、乱視があっても使うことができます。
それぞれの長所を活かして、レストアとアクティブフォーカスを片眼ずつに入れるミックス&マッチ法を用いて、遠方から近方まで見えるようにすることができます。

Long-term Visual Function and Patient Satisfaction After Bilateral Implantation
and Combination of Two Similar Multifocal IOLs. Journal of Refractive Surgery • Vol. 31, No. 5, 2015 より引用

トリノバ

光学部は回折型で EDOF(Enhanced Depth of Focus、焦点深度の拡張)を組み合わせ、遠方から中間、近方まで良好な視力が得られるように設計されており、従来の3焦点眼内レンズよりも見え方が向上しました。乱視用もあります。

光の分布

89.1%の光を遠方から近方に焦点があっており、他の回折型マルチフォーカルに 比べて効率的に使われている。明所時では遠方40%、中間30%、近方30%に、薄暮では遠方44%、中間28%、近方28%に光が分布している。

術後視力

遠方から 33.3cm まで 0.8 以上の視力を維持していました。

Clinical outcomes of a new diffractive trifocal intraocular lens with Enhanced Depth of Focus(EDOF). BMC Ophthalmol. 2016 Nov 29;16(1):208. より改変

満足度調査

89.1%の光を遠方から近方に焦点があっており、他の回折型マルチフォーカルに 比べて効率的に使われている。明所時では遠方40%、中間30%、近方30%に、薄暮では遠方44%、中間28%、近方28%に光が分布している。

Clinical outcomes of a new diffractive trifocal intraocular lens with Enhanced Depth of Focus(EDOF). BMC Ophthalmol. 2016 Nov 29;16(1):208. より改変

解像度

他の3焦点眼内レンズに比べて、明所時、薄暮時ともに良好です。

シンフォニー

2017年から先進医療に認定されたEDOF (Enhanced Depth of Focus:拡張多焦点)で、遠方から約50cmまでが連続で自然に見え、コントラスト感度(色の色彩)も落ちにくいという長所があります。一方で、夜間の運転でハロー(光を見ると、周りにリングがみえる)の症状が出やすく、読書や新聞の距離がみえづらいという弱点もあります。近方が見えやすい他の多焦点眼内レンズとミックス&マッチ法を用いることによって、遠くから近くまで見えるようにすることができます。

DIMITRI EYE SURGERY. Development of Tecnis Symfony IOL より改変

ミニウェル

世界で最初に開発されたプログレッシブ眼内レンズで、球面収差を利用して遠方・中間・近方でスムーズな見え方を実現しており、上記の屈折型や回折型多焦点眼内レンズに比べ、高い質の見え方が得られます。夜間の運転時のグレア・ハローがほぼないのが特徴で、夜間運転が必要な方には向いています。

しかし、パソコンなどの50cm以上離れているところは見えますが、読書などの手元にはピントが合いにくいという欠点もあります。片眼を少し手前にずらしたり、近くが強い多焦点レンズを用いたミックス&マッチ法を用いることで全ての距離を見ることができるようになります。

CRSTEurope The Lens: Mini Well Ready より改変

In vitro optical quality comparison between the Mini WELL Ready progressive multifocal and the TECNIS Symfony. Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol DOI 10.1007/s00417-015-3240-7 より改変

IC-8

IC-8は、ピンホール効果を利用した単焦点眼内レンズで、焦点深度を深くするレンズです。夜間のグレア・ハローの症状を抑えて、1.5Dまでの乱視がある眼でも、比較的遠くから近くまで良好な視力が得られます。通常、もう片眼には遠方がはっきりと見える単焦点眼内レンズを挿入します。

Prospective multicenter trial
of a small-aperture intraocular lens in cataract surgery. J Cataract Refract Surg 2017 より改変

多焦点眼内レンズを用いた白内障手術を受けられるみなさまへ

多焦点眼内レンズは近年めざましい進歩を遂げており、先進医療保険で使える眼内レンズも増えてきております。また、自費診療にはなりますが、より広範囲にピントが合う多焦点眼内レンズや夜間のグレアハローが抑えられた拡張多焦点眼内レンズも登場してきました。それにより、多焦点眼内レンズ手術をされた患者様のほとんどが、眼鏡をしようせずに生活ができるようになりました。

しかしながら、上記のように夜間運転時のグレアハローや見える範囲、像の鮮明さなどの問題点が残されており、20歳代の目に戻るわけではありません。

手術前にご自分のライフスタイルや希望する見え方を医師にお伝え頂き、よく話し合って眼内レンズの種類を選択されるのが良いでしょう。

多焦点眼内レンズの選び方について

眼内レンズの種類も多様化しており、その特徴もさまざまです。また、手術を受けられる患者様のご希望も、メガネをかけずに読書や編み物を楽しみたい、テレビやパソコンなどを楽しみたい、ドライブやゴルフなどのアウトドアを楽しみたいなど、さまざまです。

これら全てのご希望に添える眼内レンズは現在のところ存在しません。手術前に患者様のご希望を良く聞いて、それによりレンズの種類を決めていきます。

場合によっては、2種類の多焦点眼内レンズを組み合わせて手術を行ったり、単焦点眼内レンズと多焦点眼内レンズを組み合わせて手術を行ったりします。多焦点眼内レンズをご希望だった場合でも、ご希望に添えそうにない場合は、単焦点眼内レンズをお勧めする場合もあります。多焦点眼内レンズを検討されている場合は、術後の見え方のご希望に添えるよう眼内レンズ選びのお手伝いを致しますので、遠慮なく担当医にご相談下さい。

術後の軽度の乱視などの屈折誤差について

手術前に詳細に検査を行い、必要な場合は乱視用の多焦点眼内レンズを用いて、目標との屈折(近視・遠視・乱視)誤差を極力なくすよう、最善を尽くして白内障手術を行っていますが、全ての患者様で屈折誤差を完全になくすことはできません。

まれですが、屈折誤差のため手術前に予想したほど裸眼視力が出ないことがあります。眼鏡をかければはっきりと見えますが、この屈折誤差を治療したいとのご希望がある場合は、

①眼内レンズの入れ替え
②角膜輪部切開
③レーシックによるタッチアップ

のいずれかで対応しております。当院で多焦点眼内レンズ手術を受けている方は、これらの追加手術は無料です。

タッチアップレーシックについて

当院では、最新の検査器機やレーザー白内障手術を用いて、術後屈折誤差(近視や乱視)を最小にするよう努力しておりますが、完全になくすことはできません。術後に残ったわずかな屈折誤差が気になる場合は、レーシックによる補正を行うことができます。

当院で多焦点眼内レンズ手術を受けられた患者様は無料で行っておりますが、単焦点眼内レンズ手術を受けられた患者様、他院で手術を受けられた患者様は下記費用で行っております。

費用

先進医療に指定された焦点眼内レンズを用いレーザー白内障手術を行う場合

多焦点眼内レンズを用いた白内障手術費用(※)片眼65万(非課税)、両眼130万(非課税)
手術前後の診察・検査・薬代保険適用

(※) 民間の医療保険で先進医療特約に加入している場合は、全額給付される場合があります。詳細は、加入されている保険会社にお問い合わせください。

自費診療で多焦点眼内レンズやレーザーを用いて白内障手術を行う場合

手術費用片眼65万円(税別)、両眼130万円(税別)

自費診療となり、手術代・手術前検査・術後3か月までの診察・薬代を含んだ金額 です。

タッチアップレーシック(自費診療)

当院で多焦点眼内レンズ手術を受けられた場合無料
当院で単焦点眼内レンズ手術を受けられた場合
他院で白内障手術を受けられ紹介状がある場合
片眼5万円(税別)
他院で白内障手術を受けられ紹介状がない場合片眼10万円(税別)