疾患と治療

多焦点眼内レンズ

多焦点眼内レンズについて

白内障手術後は、取り出した水晶体の代わりに人工レンズを挿入します。人工レンズには、ピントが1箇所に合う単焦点眼内レンズと、ピントが2箇所以上に合う多焦点眼内レンズがあります。 多焦点眼内レンズは、ピントが2箇所以上合うためメガネなしでより快適な生活ができるように開発されたもので、2007年に厚生労働省に承認され、現在までにさまざまな多焦点眼内レンズが登場してきました。

多焦点眼内レンズを用いた白内障手術(多焦点白内障手術)は、2020年3月までは先進医療として行われ、先進医療特約に加入していれば保険給付の対象となっていましたが、2020年4月以降は先進医療から外れ、選定療養として行われるようになりました。

現在、当院では選定療養としての多焦点白内障手術は行っておらず、自費診療での多焦点白内障手術を行っております。選定療養で行う多焦点白内障手術は、使用する多焦点眼内レンズや手術方法に制限がありますが、多焦点白内障手術を自費診療で行うことで、費用は高くなりますが、より性能が良い多焦点眼内レンズを使用することができ、手術の精度をより高めるための特殊器機を使用したり、レーザー白内障手術で行うことができます。

しかし、最新の多焦点眼内レンズを使用し、このような特殊器械やレーザー白内障手術を行っても、20代や30代の見え方には戻ることはできません。ピントが合う距離は数カ所なので、そのほかの距離は少しぼやけたりしますし、レンズの種類によっては単焦点眼内レンズに比べると、ピントが少し甘くなったり、夜間に車の対向車などのライトがにじんで見えたりする(グレアハロー)などの欠点がまだ残されています。

グレア・ハローがない夜間の運転のイメージ

グレア・ハローがある夜間の運転のイメージ

多焦点眼内レンズの種類とその特徴

現在、当院で使用している多焦点眼内レンズは下記です。

レンズ
名前 テクニスマルチ アクティブフォーカス パンオプティクス トリノバ ミニウェル アルサフィット
光学部 回折 アポタイズ回折 3焦点回折 3焦点回折 プログレッシブ 逆アポタイズ
乱視対応 ×
ピント 遠・近 遠・中 遠・中・近 遠・中・近 遠・中
(連続)
遠・中・近
グレア・ハロー あり 少ない あり 少ない ほぼない 少ない
読書・スマホ ×〜△ ×〜△
パソコン
ゴルフ
夜の運転
選定療養 × × ×

現時点では、遠くから近くまで全ての距離をはっきりと見ることができる眼内レンズはありません。当院では、患者様お一人お一人の生活スタイル(仕事や趣味など)に合わせて、左右の目に特徴の異なる眼内レンズを使うことで、両眼で遠くから近くまで快適にみえるようにするミックス&マッチ法を用いています。

テクニスマルチ(+4D)

光学部回折
乱視対応×
ピント遠・近
グレア・ハローあり
読書・スマホ
パソコン
ゴルフ
夜の運転
選定療養転
アクティブフォーカス

光学部アポタイズ回折
乱視対応
ピント遠・中
グレア・ハロー少ない
読書・スマホ×~△
パソコン
ゴルフ
夜の運転
選定療養転
パンオプティクス

光学部3焦点回折
乱視対応
ピント遠・中・近
グレア・ハローあり
読書・スマホ
パソコン
ゴルフ
夜の運転
選定療養転
トリノバ

光学部3焦点回折
乱視対応
ピント遠・中・近
グレア・ハロー少ない
読書・スマホ
パソコン
ゴルフ
夜の運転
アルサフィット/dt>

光学部逆アポタイズ
乱視対応
ピント遠・中・近
グレア・ハロー少ない
読書・スマホ
パソコン
ゴルフ
夜の運転

テクニスマルチ(+4D)

光透過性は80%で、ピントは遠くと手元(33cm)の2カ所にあいますので、遠くと手元はよく見えまするという利点がありますが、パソコンや料理など少し離れた距離が見えづらい、夜間のグレア・ハローが見られるという欠点があります。乱視用レンズはありません。

向いている方・向いていない方
遠くと、読書・スマホなどの手元をはっきり見たい方に向いていますが、料理やパソコンなどの距離が見えづらいです。手元がはっきり見える利点よりも、全ての距離を裸眼で見たい方は、3焦点レンズを検討してみてもよいでしょう。また、グレアハローがあるため、夜間の運転が多い方は注意が必要です。

アクティブフォーカス

光透過性は87%で、ピントは遠方と50cmの2カ所にあいますが、遠方から中間の見え方を重視したレンズです。遠方の見え方は単焦点レンズとほぼ同等によく見え、比較的夜間のグレアハローが少ないという利点がありますが、50cmより近い手元が見えづらいという欠点があります。。乱視用レンズもあります。

向いている方・向いていない方
新聞を読んだり、読書をしたりする頻度が高くなく、料理・パソコン・楽器などの50-70cmの距離や遠方重視の方、夜間の運転が多い方には向いているレンズです。反面、読書やスマホを裸眼で見たい方には向きません。

パンオプティクス

光透過性は88%で、ピントが、遠方・60cm・40cmの3カ所にあります。遠方、中間、近方がバランスが良えるため、より自然な見え方になるという利点がありますが、やや手元が見えづらいことや、夜間のグレアハローがあるという欠点があります。乱視用レンズもあります。

向いている方・向いていない方
新聞・読書・スマホなどの手元や、料理・パソコン・楽器などの距離から遠方までの全ての距離を裸眼で見えたい方に向いています。しかし、手元は上記のテクニスマルチ+4.0Dには劣りますので、暗いところや小さい文字などは老眼鏡が必要になることがあります。また、夜間のグレアハローがあるという欠点があります。

パンオプティクス
(3焦点 遠・中・近)
アクティブフォーカス
(2焦点 遠・中)
アクリソフIQ
(単焦点レンズ)

トリノバ

光透過性は92%で、ピントは遠方・80cm・40cmの3カ所にあります。遠方、中間、近方がバランスが良えるため、より自然な見え方になるという利点がありますが、同じ3焦点レンズであるパンオプティクスに比べて夜間のグレアハローが少ないという利点があります。パンオプティクス同様、やや手元が見えづらいという欠点もあります。乱視用レンズもあります。

向いている方・向いていない方
新聞・読書・スマホなどの手元や、料理・パソコン・楽器などの距離から遠方までの全ての距離を裸眼で見えたい方に向いています。しかし、手元は上記のテクニスマルチ+4.0Dには劣りますので、暗いところや小さい文字などは老眼鏡が必要になることがあります。また、夜間のグレアハローは比較的少ないため、夜間の運転をする方にも悪くはありません。
術後視力

遠方から 33.3cm まで 0.8 以上の視力を維持していました。

Clinical outcomes of a new diffractive trifocal intraocular lens with Enhanced Depth of Focus(EDOF). BMC Ophthalmol. 2016 Nov 29;16(1):208. より改変

満足度調査

Clinical outcomes of a new diffractive trifocal intraocular lens with Enhanced Depth of Focus(EDOF). BMC Ophthalmol. 2016 Nov 29;16(1):208. より改変

解像度

他の3焦点眼内レンズに比べて、明所時、薄暮時ともに良好です。

ミニウェル

光透過率は約94%と非常に高く、ピントは遠方から50cmくらいまで連続してあいます。遠方から50cm程度まで連続的がより自然に見えて、夜間のグレアハローほとんどないという利点がありますが、3焦点レンズであるパンオプティクスやトリノバ同様に、手元のピント見えづらいという欠点があります。乱視用レンズもあります。

向いている方・向いていない方
夜間の運転が多く、普段は眼鏡なしで生活し、手元の小さな文字を見るときは眼鏡をかけてもよい、という方に向いています。手元は上記のテクニスマルチ+4.0Dには劣りますので、暗いところや小さい文字などは老眼鏡が必要になることがあります。

CRSTEurope The Lens: Mini Well Ready より改変

In vitro optical quality comparison between the Mini WELL Ready progressive multifocal and the TECNIS Symfony. Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol DOI 10.1007/s00417-015-3240-7 より改変

アルサフィット

光透過性が92%で、下記図のように、ピントを遠方・中間(70cm)・近方(35cm)に均等に分散させているレンズです。遠方、中間、近方がバランスが良えますし、手元の距離が他の3焦点レンズであるパンオプティクスやトリノバよりも近くにあるので、手元がみやすいです。また、レンズの構造上、他の3焦点レンズよりも夜間のグレアハローが少ないのも利点です。一方、遠方の見え方が他の3焦点レンズよりもやや弱いという欠点があります。乱視用レンズもあります。

向いている方・向いていない方
新聞・読書・スマホなどの手元や、料理・パソコン・楽器などの距離から遠方までの全ての距離を裸眼で見えたい方に向いています。また、夜間のグレアハローは比較的少ないため、夜間の運転をする方にも悪くはありません。

多焦点眼内レンズの選び方について

眼内レンズの種類も多様化しており、その特徴もさまざまです。また、手術を受けられる患者様のご希望も、メガネをかけずに読書や編み物を楽しみたい、テレビやパソコンなどを楽しみたい、ドライブやゴルフなどのアウトドアを楽しみたいなど、さまざまです。

これら全てのご希望に添える眼内レンズは現在のところ存在しません。手術前に患者様のご希望を良く聞いて、それによりレンズの種類を決めていきます。

場合によっては、2種類の多焦点眼内レンズを組み合わせて手術を行ったり、単焦点眼内レンズと多焦点眼内レンズを組み合わせて手術を行ったりします。多焦点眼内レンズをご希望だった場合でも、ご希望に添えそうにない場合は、単焦点眼内レンズをお勧めしています。多焦点眼内レンズを検討されている場合は、術後の見え方のご希望に添えるよう眼内レンズ選びのお手伝いを致しますので、遠慮なく担当医にご相談下さい。

術後の軽度の乱視などの屈折誤差について

手術前に詳細に検査を行い、必要な場合は乱視用の多焦点眼内レンズを用いて、目標との屈折(近視・遠視・乱視)誤差を極力なくすよう、最善を尽くして白内障手術を行っていますが、全ての患者様で屈折誤差を完全になくすことはできません。

まれですが、屈折誤差のため手術前に予想したほど裸眼視力が出ないことがあります。眼鏡をかければはっきりと見えますが、この屈折誤差を治療したいとのご希望がある場合は、

①眼内レンズの入れ替え
②角膜輪部切開
③レーシックによるタッチアップ

のいずれかで対応しております。当院で多焦点眼内レンズ手術を受けている方は、これらの追加手術は無料です。

タッチアップレーシックについて

当院では、最新の検査器機やレーザー白内障手術を用いて、術後屈折誤差(近視や乱視)を最小にするよう努力しておりますが、完全になくすことはできません。術後に残ったわずかな屈折誤差が気になる場合は、レーシックによる補正を行うことができます。

当院で多焦点眼内レンズ手術を受けられた患者様は無料で行っておりますが、単焦点眼内レンズ手術を受けられた患者様、他院で手術を受けられた患者様は下記費用で行っております。

費用

2020年3月まで、先進医療として行っていた多焦点白内障手術は、4月から選定療養として行うことになりました。これらの手術を行う場合は、通常の保険で行う診療費・白内障手術とは別に下記料金が必要になります。

選定療養を使用した多焦点白内障眼内レンズを用いて白内障手術を行う場合

テクニスマルチフォーカル(Tecnis Multifocal)190,000円(税込/片眼)
アクティブフォーカス(Activ Focus)190,000円(税込/片眼)
アクティブフォーカス(乱視用)(Activ Focus)240,000円(税込/片眼)
パンオプティクス(Pan Optix)290,000円(税込/片眼)
パンオプティクス(乱視用)(Pan Optix)340,000円(税込/片眼)

選定療養とは、患者様ご自身が選択して受ける追加的な医療サービスで、その分の費用は全額自己負担となります。令和2年4月より、術後のメガネ装用率の軽減を目的とした多焦点眼内レンズを使用する白内障手術は、厚生労働省が定める選定療養の対象となりました。

当院は多焦点眼内レンズの白内障手術を行う医療機関として届け出をしています。多焦点眼内レンズご希望の患者さまには診察時に詳細をご説明いたします。

自自費診療で多焦点眼内レンズ+レーザーを用いて白内障手術を行う場合

手術費用片眼65万円(税別)、両眼130万円(税別)

自費診療となり、手術代・手術前検査・術後3か月までの診察・薬代を含んだ金額 です。

タッチアップレーシック(自費診療)

当院で多焦点眼内レンズ手術を受けられた場合無料
当院で単焦点眼内レンズ手術を受けられた場合
他院で白内障手術を受けられ紹介状がある場合
片眼5万円(税別)
他院で白内障手術を受けられ紹介状がない場合片眼10万円(税別)