厚生労働省認定先進医療実施施設

文字サイズ

医療機関の方へ

病気と治療

ドライアイ

ドライアイとは

ドライアイとは、涙の量や質が変化して、角膜や結膜に傷がついてしまう病気のことです。
下のチェックシートを用いて症状を確認してみましょう。

ドライアイチェック

目がゴロゴロする
目が痛い
目が充血する
目がかすむ
光をみるとまぶしい
パソコン作業や読書をすると目が疲れやすい
目が乾いた感じがする
エアコンが入っていると目がつらくなる
涙が出る
10 目やにが出る

ドライアイになると、目が乾くといった症状以外にもさまざまな不快な症状があらわれます。 また、10秒間目を開いた状態を保つことができない場合も、ドライアイの可能性が高いといわれています。症状が重くならないうちに治療することが大切です。

涙の構造

涙の構造

さまざまな理由により涙を正常に目にとどめられなくなったドライアイの目では、ドライスポットという涙膜の薄くなった部分ができてしまいます。この部分は涙で守られていないため、異物や細菌、ウイルスなどの影響を受けて、角膜の表面が傷つきやすくなります。

近視の進行予防方法
健康な方健康な人は角膜が涙の膜に覆われています。
ドライアイの方
ドライアイの方ドライアイになると、ドライスポットという角膜の薄くなった部分ができてしまいます。
ドライスポットは、十分に角膜で守られないため、角膜に傷が付きやすくなります。

ドライアイの原因

年齢
年を重ねると、涙の分泌量や質が低下します。
性別
女性のほうが男性よりドライアイになりやすいことが知られています。
過度のVDT(visual display terminals)作業
パソコン、スマートフォンなど、モニターを見つめる作業を長時間行うことで、ドライアイ症状が起こりやすくなります。
乾燥した環境
冬の乾燥した季節でドライアイが悪化する人は数多くみられます。また、エアコンの吹き出し口に 当たるところなどでも症状が悪化します。
コンタクトレンズ
特にソフトコンタクトレンズ装用者では、ドライアイの割合が多いことが知られています。
喫煙
たばこの煙に曝されると、涙の状態が悪くなることが知られています。
内服薬
血圧を下げる薬や向精神薬など「抗コリン作用」を持つ薬では、涙の分泌量が減少することがあります。
点眼薬
点眼薬の中には、涙の安定性を低下させ、また角膜に障害を与えやすくなる成分が含まれていることがあります。ドライアイでは、点眼薬の中に含まれる防腐剤などによる障害も起こりやすくなります。
マイボーム腺機能不全
眼瞼の縁にマイボーム腺という油を出す部位があります。加齢に伴ってマイボーム腺が詰まり、涙にとって重要な油が出にくくなります。
結膜弛緩症
加齢に伴って、結膜部分(白目の部分)が弛み、眼表面で涙が留めにくくなります。また、弛んだ結膜が瞼と触れやすくなり、摩擦によって眼表面に傷がつきやすくなります。
全身の病気に伴うもの
シェーグレン症候群という、涙腺、唾液腺に対する自己免疫疾患では、強いドライアイを生じることがしばしばみられます。

現在では、ドライアイは涙と眼表面を一体のものと考え、その協調性が損なわれて発症する疾患という考え方に変わってきています。ドライアイの発症にはいくつかの要因が関わり合っています。

ドライアイの種類

量的異常と質的異常ドライアイは単に目が乾くという病気ではありません。ドライアイでは、涙の状態が異常になってしまうために、「目が乾く」、「目がゴロゴロする」、「目が痛い」などの症状が生じてしまうのです。

この涙の異常は大きく2つに分けられます。1つは涙そのものが減ってしまう「量的な異常」、そしてもう1つは、涙の性質が変化し、悪くなってしまう「質的な異常」です。

涙の量の異常(涙液減少型ドライアイ)

目は刺激を受けたり乾いたりすると、反射的に涙を流して涙の膜を安定させようとします。つまり、正常な状態だと一時的に目が乾いても、すぐに目が潤うしくみができているのです。しかし、涙液減少型ドライアイでは、『目の刺激→神経伝達→涙の分泌』というシステムに異常があり、目が乾いても涙が分泌されにくくなります。

涙の質の異常(蒸発亢進型ドライアイ)

涙は3層構造になっていて目を守っています。

角膜に接しているのはムチン層で、涙を目の表面にとどめる働きがあります。ムチン層を覆っているのが水層で、涙の大部分が水層からできています。一番外側にあるのが油層で、涙が蒸発するのを防いでいます。 蒸発亢進型ドライアイでは、涙膜の油層を作っているマイボームという組織に異常があり、油層が十分に分泌されず涙が蒸発しやすくなります。

新しいタイプのドライアイ(BUT短縮型ドライアイ)

ドライアイはその言葉から、“目が乾く”というイメージがあるかもしれませんが、最近の研究から、涙が十分出ている人でもドライアイである可能性があることがわかってきました。それが、目が乾いていないタイプのドライアイ:「BUT短縮型ドライアイ」です。

パソコンなどの作業をすることが多いオフィスワーカーや、コンタクトレンズをつけている比較的年齢の若い方の間では、男女問わずこの新しいタイプの「BUT短縮型ドライアイ」の患者さんが増えています。

従来のドライアイの患者さんは、高齢の女性に比較的多いという特徴がありましたが、このように、「BUT短縮型ドライアイ」の患者さんの特徴は、従来のドライアイの患者さんとは全く異なっているのです。

検査方法

涙の質を調べるBUT検査

染色方法
涙液をフルオレセイン液で染色後、2~3回瞬目させます。完全瞬目後、開瞼を指示し、ブルーフィルターを通して涙液が破綻するまでの時間(涙液層破壊時間tear break up time;BUT)を測定したり、角結膜上皮障害を観察したりします。
評価項目
涙液層の安定性。

検査方法

涙がたくさん出ても、質が良くないために目の表面がすぐ乾くこともあります。涙の質を調べる検査で、目を開いてから目の表面の涙の膜が破壊されるまでの時間(涙液層破壊時間tear break up time;BUT)を測ります。BUTが5秒以下の場合、ドライアイが疑われます。

涙の量を調べるシルマー検査

涙の量を調べる検査で、目盛りのついた専用の試験紙を下まぶたの端に5分間挿入します。試験紙が涙で濡れた長さで、涙の量を測ります。涙の量が5mm以下の場合、ドライアイが疑われます。試験紙の挿入による刺激で分泌される涙の影響を避けるために、点眼麻酔を使用する「シルマーテスト変法」を行うこともあります。

涙の安定性に重要な役割を果たしているムチン
涙目の表面を覆っている涙は、油層、水層、ムチン層の3層構造を成していますが、この涙の中に含まれる物質であるムチンが、涙の安定性、つまり涙の「質的な異常」と関わっていることが最近の研究からわかってきました。
下図のように、正常な状態では涙はきれいな3層構造を成していますが、涙の中のムチンの性質が変化してしまうと、涙が不安定になってしまい、目の表面を覆う涙の膜が壊れやすくなってしまうのです。つまり、「BUT短縮型ドライアイ」は、涙に含まれるムチンの状態が異常になって起こるということが原因の1つとして考えられています。

ムチン層

治療と対策

従来、ドライアイに対する薬物治療では、涙に近い成分をもつ人工涙液と角結膜上皮障害治療薬の2種類でした。角膜上皮障害治療薬(ヒアルロン酸ナトリウム)には粘性があり、水分を保つ効果があります。また、涙や点眼液を目の表面に長く保持できることから、角膜の傷の修復にもつながります。
しかし、最近明らかになった新しいタイプのムチン(たんぱく質)が欠乏しているBUT短縮型ドライアイには、従来の治療薬では、なかなか症状が改善しませんでした。

今回、既存のドライアイ治療点眼剤とは異なる新しい作用機序をもつ、新しいドライアイ治療点眼剤(ジクアホソルナトリウム)が発売されました。涙液成分であるムチンと涙液の分泌を促進し、質・量の両側面から涙液の状態を改善することにより、ドライアイ症状を改善することが期待されています。

ドライアイのタイプとして、涙を角膜の表面にとどめるムチンという成分の働きが悪いため、角膜表面に微細な荒れが生じ、涙がうまく広がらない「BUT短縮型ドライアイ」が注目されています。従来のドライアイタイプに加え、BUT短縮型ドライアイにも治療効果が期待されています。

治療方法

点眼薬による治療薬

働き 水分を補充 水分を保つ 傷を治す ムチンを産生
人工涙液 【水分を補充】 【水分を保つ】× 【傷を治す】× 【ムチンを産生】×
角膜上皮障害治療液
(ヒアルロン酸ナトリウム点眼液)
【水分を補充】 【水分を保つ】 【傷を治す】 【ムチンを産生】×
ドライアイ治療液
(ムチン/水分分泌促進点眼液)
【水分を補充】 【水分を保つ】 【傷を治す】 【ムチンを産生】

また、点眼薬のほかに乾燥予防や風が直接目に当たらないようにするために、ゴーグルタイプのドライアイ用メガネも効果的です。重症の場合は、涙の排出口の部分に栓をして涙の流出を塞ぎ、涙が目の表面にとどまるような治療を行うこともあります。

キープティア

キープティアゼリー状の物質を涙が出ていく涙管に注入します。体温まで温まると涙管で固まってしまうので涙の出口を塞いでくれます。痛みはなく2,3分で終了します。
ただ2,3ヶ月すると流れ出てしまうのでその時の状態を見て再注入することもありますし、症状が改善していれば点眼治療で様子を見ます。

涙点プラグ

涙点プラグまた重症なドライアイの方はシリコン性の涙点プラグを使用します。これも痛みはなく2,3分で終了しますが経過中に自然に取れてしまったり(脱落)、まれに涙管の中に入ってしまったり(迷入)することがあります。
涙点プラグも改良されてきており、最近のものは脱落したり迷入したりすることは少なくなってきています。涙点プラグが入っていているときに痛みを感じたり違和感を感じたりすることはほとんどありません。またどうしても気になるときは涙点プラグを除去することも可能ですが行うことはめったにありません。

涙点プラグ

普段から気をつけること

周囲の環境によって、涙が蒸発しやすくなり、目が乾きやすくなることがあります。
特に、パソコン、エアコン、コンタクトレンズの使用状況を改善することは、ドライアイの症状を和らげるのに効果的です。

普段から気をつけること