厚生労働省認定先進医療実施施設

文字サイズ

医療機関の方へ

病気と治療

消化器疾患

消化器疾患とは

胃や腸の不快感、腹痛、便通異常、肝障害など、胃腸や肝・胆・膵に関する疾患です。

症状
胃が痛い。胸焼けがする。食欲が落ちた。 血便がある。便秘・下痢がある。
主な疾患
慢性胃炎、十二指腸炎、逆流性食道炎、ピロリ感染、食道静脈瘤、胃静脈瘤、胃潰瘍(いかいよう)、十二指腸潰瘍、食道がん、胃がん、大腸ポリープ、大腸がん、潰瘍性大腸炎、クローン病
検査・治療
内視鏡検査・治療(ポリープ切除等)

内視鏡検査

内視鏡検査当クリニックでは最新の医療機器と、確かな技術で多くの皆さんに、最先端の内視鏡検査を施行しています。

また苦痛の軽減を目指し、少量の麻酔を使った胃カメラの検査をご提案しています。

※当院は熊本県癌検診従事者(機関)認定協議会により、胃がん大腸がん精密検査機関に認定されています

当院での胃カメラ・大腸カメラ

胃カメラ・大腸カメラで苦しい思いをされた方も、多いのではないでしょうか。 当院では苦痛の軽減を目指し、少量の鎮静剤・鎮痛剤を使った胃カメラ・大腸カメラの検査をご提案しています(※1)。

胃カメラは当日の検査にも対応しています。空腹でご来院ください。
また麻酔を希望されない方には、鼻からの胃カメラもございます。是非ご相談ください(※2)。

  • (※1)内視鏡検査時の鎮静は検査を受けられる方の状態や既病歴により、減量・中止となることもあります。
  • (※2)経鼻内視鏡は予約制です。当日施行の胃カメラは経口内視鏡(口からの胃カメラ)となります。

胃カメラは正式には上部消化管内視鏡検査といいます。
細くて長いチューブの先端に超小型のカメラがあり、それを挿入することにより、喉、食道、胃、十二指腸を詳細に観察する検査です。
当院では、クリアで美しいハイビジョン画像を搭載した経口内視鏡(口から挿入するタイプ)と、患者様の負担を軽減する極細径の経鼻内視鏡をご用意し、患者様ごとの状況や希望に合わせ選んでいただいております。

苦痛の少ない胃カメラ

胃がんは罹患率(病気にかかる割合)の高いがんですが(日本人男性では第一位、女性でも乳癌に次いで第二位)、内視鏡による早期発見が可能です。また逆流性食道炎・慢性胃炎なども人によっては症状に乏しく内視鏡で診断されることも多いです。

当院ではさまざまな工夫により苦痛の少ない胃内視鏡検査をご提案しています。胸やけや胃もたれなどで、一度詳しい検査をご希望の方、是非ご相談ください。

苦痛の少ない大腸カメラ

日本人の大腸がんが増えています。早期発見と早期治療に、大腸内視鏡はなくてはならない検査です。またポリープの段階で切除することにより、将来のがんを予防することも可能です。

当院ではさまざまな工夫により苦痛の少ない大腸内視鏡検査をご提案しています。便秘が続いている、検診で異常を指摘されたなどで、一度詳しい検査をご希望の方、是非ご相談ください。