厚生労働省認定先進医療実施施設

文字サイズ

医療機関の方へ

医師・医院紹介

器機紹介

眼科

検査・診断機器

ZEISS-SL-130

スリットランプ(細隙灯顕微鏡) ZEISS SL-130

前眼部から後眼部までの観察のため、日常の眼科診療に最もよく使用する機器です 眼瞼(まぶた)、角膜、結膜、虹彩、水晶体、硝子体などの各組織に光を当て顕微鏡で拡大してその組織の状態を詳細に観察できます。

スリットランプ(細隙灯顕微鏡)

スリットランプ(細隙灯顕微鏡)JFC社 ゴールドマン900BQ

上記同様、前眼部から後眼部までの各組織の状態を詳細に観察できます。

手持ちスリットランプ

手持ちスリットランプ KOWA SL-15前

乳幼児や高齢の方などで検査の椅子に移れない方はこの機器で目の状態を観察します。

双眼倒像鏡

双眼倒像鏡 NEITZ IO-a

単眼の倒像鏡では観察しにくい眼底の周辺部分を双眼倒像鏡と強膜圧迫子を使って、より広範囲な精査を行うことが出来ます。

オートレフケラトメーター

オートレフケラトメーター NIDEK社 ARK-530A

眼の度数(遠視・近視・乱視)を調べます。また、角膜の形を同時に調べることも出来ます。視力検査の前に用いる「気球を見て、ピピッとする検査」です。メガネやコンタクトレンズ処方の予備検査としても欠かせない機器です。

Welch Allyn

手持ちオートケラトレフメーター(両眼開放型)スポット ビジョンスクリーナー(Welch Allyn)

乳幼児から大人までの、視機能上の問題を迅速に、かつ正確に検知することをサポートするために開発された携帯型自動屈折測定器です。遠くから測定可能ですので、お子さんも怖がらずに検査ができます。

手持ちオートレフケラトメータ

手持ちオートレフケラトメータ Righton社 レチノマックス-K plus3

一般的に行われるオートケラトメータ(近視・遠視・乱視などの屈折検査)が難しい0~3歳くらいのお子さんに有用です。特に斜視弱視のお子さんの屈折検査は非常に重要で、より精度の高い検査が可能となります。

角膜形状解析装置

角膜形状解析装置 オクルス社 ペンタカムHR

ペンタカムHRは、角膜を緻密に計測し、解析する唯一の前眼部画像解析測定装置です。角膜の解析や厚みの解析、3D前房解析まで可能で、オルソケラトロジーや角膜手術、ICLなどの特殊な手術の時にも有用な器械です。

前眼部OCT+角膜形状解析装置

前眼部OCT+角膜形状解析装置 CASIA2(TOMEY)

従来型より長い波長を用いることで、より深いところまで観察が詳細にできるようになった。それにより角膜形状解析や白内障術前検査、緑内障診断に必要な情報を得ることができ、より精度の高い診断が可能となりました。

ノンコンタクトトノメーター

ノンコンタクトトノメーター NIDEK社 NT-4000

眼圧(眼の硬さ)を調べます。点眼麻酔が不要な非接触なので感染の危険がありません。眼に空気をあてて眼圧を調べます。ソフトな空気なので、患者さまに優しい機器です。

アイケア手持ち眼圧計

アイケア手持ち眼圧計 M.E.Technica社 icare

麻酔不要の手持ち眼圧計です。一般的に行われる眼圧検査が難しいお子さんや、車椅子やご高齢の患者さんの眼圧測定に有用です。

オートレンズメーター

オートレンズメーター TOMEY社 TL-4000

お持ちのメガネの度数(遠視・近視・乱視)を調べます。また様々なタイプの遠近両用メガネにも対応した機器です。この結果をもとに視力検査をすることでメガネ度数が眼に合っているか調べることが出来ます。

無反射視力検査装置

無反射視力検査装置 TAKAGI社 VC-51

5mの距離での標準的な視力検査表です。

液晶視力表システムチャート

液晶視力表システムチャート NIDEK社 SC-2000

液晶の視力表はいろいろな文字や絵もだせますのでお子さまの検査には特に有用です。当院では3mの距離で検査しています。距離が近い分は補正していますので5mでの検査と同じ条件になっています。

スペースセイビングチャート視力表 SSC-370 (NIDEK社)

スペースセイビングチャート視力表 SSC-370 (NIDEK社)

患者さんのプライバシーに配慮した視力測定器械です。器械の中をのぞき込んで視力を測定するため、視力がどのくらいあるかは他の患者さんには分かりません。

レーザーフレアメーター

レーザーフレアメーター KOWA社 FM-600

目の中(前房部分)の炎症があるかどうかを調べます。炎症が強い時は普通の検査で分かるのですが、微妙な場合にはこの機器で調べることが大切です。角膜炎や虹彩炎(ぶどう膜炎)などの診断や、その経過を見ていく上で有用です。

スペキュラーマイクロスコープ

スペキュラーマイクロスコープ TOPCON社 SP-3000P

角膜の内皮細胞(角膜が透明性を保つのに必須な細胞)を撮影する機器です。白内障などの手術の際は手術前後で測定することで、内皮細胞がどのくらい変化したか把握することができます。また、コンタクトレンズ装用者にも定期的に測定しています。

ハンフリー自動視野計 HFAⅡ740i

ハンフリー自動視野計 ZEISS社 HFAⅡ740i

視標は動かさずに視標の明るさのみ変えることにより視野内の感度を調べます。緑内障や黄斑疾患・視神経疾患などの早期発見や経過観察に有用な機器です。コンピュータ化によって検者の技術に左右されないという客観性があり、長期にわたる経過観察に優れます。さらにゴールドマン視野計では現れない様な微妙な感度低下も検出可能です。

ハンフリー自動視野計 ZEISS社 Humphrey Field Analyzer 3

ハンフリー自動視野計 ZEISS社 Humphrey Field Analyzer 3

HFAⅡの後継機で、トラッキングシステムの追加、1つのレンズで屈折誤差を矯正、タッチパネルによる操作性の向上がしました。HFAⅡ同様、緑内障の視野の経過を追うのに非常に有用な検査機器です。

ゴールドマン視野計

ゴールドマン視野計 タカギセイコー社 MT325UD

視標を周辺から中心に向かって動かし、見えた位置を結ぶことにより視野全体の広さを測定します。当院では国家資格を持った視能訓練士が測定を行います。 緑内障、網膜や視神経疾患、脳内疾患による視野異常の有無を検査します。

無散瞳超広角SLO(眼底カメラ)

無散瞳超広角SLO(眼底カメラ) OPTOS社 Daytona

無散瞳、非接触、パノラマ合成無しで超広角(200度の眼底、網膜の80%)、超高解像度の画像が得られます。緑内障や糖尿病網膜症、その他眼底疾患の変化の記録などに有用です。

眼底カメラ

眼底カメラ KOWA社 VX-10

通常のカラー眼底写真だけでなく、蛍光眼底造影写真(注射をしながら眼底の造影写真を撮る検査)も撮影できる機器です。無散瞳下での眼底撮影も可能です。

超音波画像診断装置

超音波画像診断装置 TOMEY社 UD-1000

超音波によって眼球の断面を画像化する装置です。眼内の混濁や出血で眼底が見えないときに有用です。約10秒分の超音波像を常に記憶し、動画像で繰り返し再生表示することができます。

光干渉断層撮影装置

光干渉断層撮影装置 ZEISS社 シラスHD-OCT

この機器は、高画質で高解像度の網膜の断層画像を得ることができる眼底3次元画像解析装置です。糖尿病網膜症や加齢黄斑変性、網膜静脈閉塞症などの網膜疾患を詳細に撮影・解析できるため、早期の診断も可能になりました。また、緑内障診断補助のためのプログラムも強化され、日常診療にますます必要不可欠な装置になってきました。

光干渉断層撮影装置

光干渉断層撮影装置 TOPCON社 スウェプトソースOCT DRI OCT Triton

DRI OCT Tritonでは世界最速 * 100,000 A-scans/ 秒を実現しています(当社従来機比約2倍)。その結果、瞬時に撮影することが可能になり、眼球運動の影響が軽減され、高品質な画像を取得できます。また、造影剤を使用せずに、低侵襲で網膜血管や脈絡膜血管を描出できるようになりました。前眼部の解析にも有用です。

光学式眼軸長測定装置

光学式眼軸長測定装置 ZEISS社 IOLマスター

光干渉を用いて眼の長さを測定する最新鋭機です。白内障手術で使用する眼内レンズの度数を決定するために必要な検査です。点眼麻酔が不要な非接触型ですので角膜障害や感染の危険がありません。超音波型と比較し、測定誤差が少なく正確な結果が導けます。

光学式眼軸長測定装置 OA-2000(TOMEY)

光学式眼軸長測定装置 OA-2000(TOMEY)

組織侵達度が高く高速測定が可能なフーリエドメインを採用し、測定率の向上を実現しました。CASIA2と連携することで、より正確に最適な白内障手術前の眼内レンズを決定することが可能となります。

超音波式眼軸長測定装置

超音波式眼軸長測定装置 TOMEY社 AL-3000

超音波を用いて眼の長さを測定する機器です。白内障で濁りがとても強い場合、IOLマスターでは測定困難となるのでこの超音波式で測定を行います。白内障手術の眼内レンズの度数を決定する際に必要な検査です。

網膜電図ERG

網膜電図ERG TOMEY社 LE4000

ノイズに悩まされることなく、フラッシュERGに加え、30HzフリッカーERG、Cone ERG、Long Flash ERG、Rod ERGも行え、より多くの網膜情報を得ることができます。

シノプトフォア

シノプトフォア タカギセイコー社

両眼で物を同時に見る能力(両眼視機能)がどの程度あるかを調べます。立体視(3D)の検査もできます。また同時に斜視の角度も調べることが可能な機器です。

HESSコージメーター

HESSコージメーター はんだや社

眼の動き(眼球運動)を調べる検査です。眼を動かす筋肉や神経系に異常が疑われる場合に用いて検査し、診断や経過観察に役立つ機器です。

両眼視簡易検査器

両眼視簡易検査器 ワック社 D5000

望遠訓練をする機器です。仮性近視のように眼が緊張状態にある場合にこの望遠訓練にて緊張をほぐします。

治療機器

フェムトセカンドレーザー白内障手術装置 LensX (Alcon)

フェムトセカンドレーザー白内障手術装置 LensX (Alcon)

レーザー照射によってミクロンレべルの精度と均質性を実現します。これまで術者の技量や経験に依存していた手術をレーザーで行うことで、手術のさらなる効率化と精度の向上をもたらします。

VERIONイメージガイドシステム

VERIONイメージガイドシステム

高解像度の目のデジタルイメージ画像を撮影し、目の特徴を解析します。このデータを用いて、手術時に切開する位置、眼内レンズの固定位置、乱視軸などを手術中に手術顕微鏡の画面に表示することで、より正確な手術が可能となります。

ORAシステム

ORAシステム

白内障手術中に使用する屈折測定機器です。術中リアルタイムで目の屈折情報を得ることができるため、術前に用意した眼内レンズと誤差が生じた場合に、より最適な眼内レンズに変更することができます。また、眼内レンズ挿入直後に、固定位置や乱視用軸の最適な調整が可能なため、術後の見え方に対する満足度をさらに高めることができます。

白内障/硝子体手術装置

白内障/硝子体手術装置 Alcon社 Constellation

白内障手術と最新の25G硝子体手術を行う眼科手術装置です。これまでの手術機械よりもさらに進化した高性能、多機能を兼ね備えた最新の機械です。安全で目に負担が少なく手術できる機械で、コンピュータ制御でより安全に手術をすることができます。

トラベクトーム

トラベクトーム コーワ株式会社

従来は、白目(結膜と強膜)を切開して緑内障手術を行うのが一般的でしたが、トラベクトームを使用することで、黒目(角膜)切開のみで手術を行うことができるようになりました。

手術用顕微鏡

手術用顕微鏡 ZEISS社 Lumera T

白内障、緑内障、硝子体手術などすべての手術において、技術と経験が重要なことは当然ですが、同様に重要なものが顕微鏡です。当院では、最新鋭の手術顕微鏡Lumeraを導入し、質の高い手術を目指します。

硝子体手術用眼底観察システム

硝子体手術用眼底観察システム Resight700

焦点合わせが電動で行え、術者はフリーハンドで手術がおこなえます。眼底内を120°以上の広い範囲で観察でき、眼底周辺に至るまで容易に観察できます。小瞳孔でも広い視野が確保できます。

高輝度光源装置

高輝度光源装置 DORC Xenon BrightStar

新世代の高輝度白色光照明により、小口径ファイバー使用時の術中視認性を向上させます。特に網膜周辺で操作する時の光毒性を軽減することを念頭に設計されています。

手術用顕微鏡

手術用顕微鏡 ZEISS社 VISU140

最高品質の光学系と新照明システムにより、解像度が鮮明で手術中の眼の状態をより正確に把握することができる世界基準の眼科手術顕微鏡です。

白内障/硝子体手術装置

白内障/硝子体手術装置 NIDEK社 CV-24000

白内障手術と最新の25G硝子体手術を行う眼科手術装置です。安全で目に負担が少なく手術できる機械で、コンピュータ制御でより安全に手術をすることができます。

炭酸ガスレーザー手術装置

炭酸ガスレーザー手術装置 NIDEK社 COL-1040

眼瞼下垂症・眼瞼内反などのまぶたの治療に用いる機器です。炭酸ガスレーザーというレーザーメスを使用するので出血や腫れの少ない、仕上がりのきれいな手術が可能となります。

外来手術顕微鏡

外来手術顕微鏡 タカギセイコー社 OM-5

外来にて目の処置(ものもらい切開や眼科小手術)を行う場合にこの顕微鏡を用いて行います。

SLTレーザー

SLTレーザー ellex社 tango pro

タンゴオフサルミックレーザーは最新の緑内障治療と白内障治療に対応した、高品質・高性能のシステムです。タンゴオフサルミックレーザーは、眼科の高度なレーザー治療に対応できる2波長のレーザーを供給し、最新の緑内障レーザー治療(SLT)に対応しています。また、眼科のヤグレーザー治療においてもっとも重視されている、正確なフォーカスと低いエネルギーで安定した光破壊を実現した、最上級モデルです。

マルチカラースキャンレーザ光凝固装置

マルチカラースキャンレーザ光凝固装置 NIDEK社 MC-500 Vixi

種類の波長を使って、多彩なスキャンパターンレーザー治療が可能です。従来のレーザー光凝固装置に比べて痛みが少なく、短時間で治療可能であることが特徴です。

光凝固レーザー・YAGレーザー装置

光凝固レーザー・YAGレーザー装置 ZEISS社 VISULAS YAG Ⅲ コンビネーションシステム

糖尿病網膜症や網膜静脈閉塞症などの眼底疾患に対する治療機器で、レーザー光凝固治療を行います。さらに、この機器は後発白内障に対する後発白内障切開術や、緑内障に対するレーザー虹彩切開術の治療も実施可能な特性も持ち合わせたコンビネーションシステムです。

冷凍凝固

冷凍凝固 KEELER社 CTU Ophthalmic CRYO

網膜剥離の治療で用いる機器です。眼球の外から凍傷の状態を作り、網膜をその外側の脈絡膜に癒着させるために使用します。網膜剥離が今後起こる可能性のある周辺の網膜部分を予防的に治療するときにも使用します。

涙道・硝子体内視鏡システム

涙道・硝子体内視鏡システム ファイバーテック社 FT-203F

3CCDカメラの採用により、解像度と色再現性に優れ、リアルな内視鏡画像を実現します。涙道ファイバースコープは涙道内腔の全体を観察できる内視鏡で鼻涙管閉塞などのシリコーンチューブ留置術を安全で正確に施行することや処置の後の確認に有用です。また硝子体手術の際も視認性が悪い場合などに有用です。

鼻内視鏡システム

鼻内視鏡システム オリンパス社 OTV-SI

涙道は鼻腔内(下鼻道)に開口しているため、涙道内視鏡システムとともに涙道閉塞疾患の検査と治療に必要な機器です。疼痛が無いように、鼻粘膜を麻酔して行います。

その他

オゾンクリアウォーター

オゾンクリアウォーター リィツメディカル OW-5

手術前における洗眼や術者の手洗いに用います。オゾン水は、強力な殺菌力で全ての細菌を死滅させる作用を持ちながら、角膜上皮にもやさしいのでダメージを与えることもありません。また10分程度で水と酸素に分解されて不活化するので、長時間残留しても障害を引き起こす可能性もありません。

電子カルテシステムREMORA、医療用画像ファイリングClaio

電子カルテシステムREMORA
医療用画像ファイリングClaio

これまで紙カルテで行ってきたほとんどのことをパソコン上で行えるようになりました。眼科診療における膨大な画像データをファイリングし、患者様にも分かりやすい診療の助けになります。

内科

検査・診断機器

超音波診断装置

超音波診断装置 日立ALOKA F37

最新のカラードプラつきフルデジタル超音波検査装置です。動脈硬化の評価のための頸動脈エコー、肝臓・胆嚢・腎臓などの内臓疾患評価のための腹部超音波検査などを行っています。

解析機能付心電計

解析機能付心電計 CardioStar FCP-7514

心臓の活動電位を見る機器です。狭心症や心筋梗塞などの心疾患に加え、自覚症状が乏しい不整脈などの疾患を見つけます。

臨床化学分析装置

臨床化学分析装置 アリーアAfinionアナライザー

糖尿病・高脂血症の治療において重要なHbA1c・コレステロール(LDL・HDL)・中性脂肪を10分以内に測定し、検査当日の治療に反映します。また感染症において重症度の指標と なるCRPも測定可能です。

ZEISS-SL-130

自動血球計数装置 Microsemi LC-660

日常診療で必要な白血球数・ヘモグロビン濃度・血小板数など血算18項目を、約60秒で測定します。細菌感染症や貧血、肝硬変などの診療で、力を発揮します。

デンシトメトリー分析装置

デンシトメトリー分析装置 富士ドライケムIMMUNO AG1

インフルエンザ・溶連菌の検出を行う装置です。特にインフルエンザでは銀増幅技術により、感染初期(発症後2-3時間)のインフルエンザ感染診断が可能です。

内視鏡

内視鏡システム

内視鏡システム 富士フィルム LASEREO

レーザー光源搭載の新世代内視鏡システム「LASEREO(レザリオ)」を導入しました。当院では内視鏡での狭帯域光観察(血管や微細な表面構造を見やすくする手法)を用いることで 診断精度を向上させ、病気の早期発見に努めています。

高周波手術装置

高周波手術装置 エルベVIO50c

大腸などのポリープを切除する際に使用する電気メスシステムです。当院では世界トップクラスの電気メスメーカーであるERBE社の高周波手術装置を用いています。

高レベル内視鏡自動洗浄器

高レベル内視鏡自動洗浄器 クリーントップ WM-S II

使用した内視鏡は、こちらの全自動内視鏡洗浄器により洗浄・消毒を徹底しております。わずか7分でハイレベルな洗浄・消毒ができ、内視鏡検査を介する大腸菌O-157やピロリ菌などの細菌、肝炎ウイルスなどの病原体の感染をシャットアウトします。 当院では内視鏡検査ごとに十分な洗浄を行っておりますので安心して検査をお受けください。

レントゲン

レントゲン装置

レントゲン装置 日立CLINIX II

当院のレントゲン装置は病院クラスと同等の最高管電圧150kV出力が可能です。胸部・腹部・骨格など通常の撮影に加え、DIP法による骨密度の測定が行えます。

画像診断システム

画像診断システム 富士C@RNACORE

レントゲン撮影にフィルムを使わずコンピュータで処理し、診察室のディスプレイに高解像度の画像を表示します。撮影後すぐの診断が可能であり、また撮影に要するX線被曝量も低減されています。